BLOG

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 未分類
  4. 最近の読書から~新・所得倍増論 デービットアトキンソン~

最近の読書から~新・所得倍増論 デービットアトキンソン~

 働き方改革、人口減少が問題視される日本において、生産性向上は避けられない命題であります。中小企業がこのような外部状況の中で発展していくには、生産性を向上させる必要性があると考えておりました。そのような考えのもと書店を歩いていたところ、デービットアトキンソン氏の本が目に留まり、読むに至りました。デービットアトキンソン氏はイギリス人でありながらも、日本の風土や文化に感銘を受け、日本で活躍されている方です。
 「新・所得倍増論」において、デービットアトキンソン氏は、日本は潜在能力を活かせていない「日本病」に陥っている現状にあると苦言を呈しています。私が感動したのは、中小企業の経営者が率先して「日本病」を改善しなければならないということです。平均給与の押し上げや、GDPの向上、貧困問題、国の借金の問題、社会保障費問題などの諸問題に関して、中小企業の経営者が率先して改善を目指していく。そのために生産性を上げ、厳しい外部状況に適応していかなければなりません。
 イギリス人ならではの視点も、非常に勉強になりました。皆さんも、ぜひ一読してみて下さい。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事