人を支える

社会福祉の充実を
地域の発展に繋げる

社会福祉法の改正を経て、社会福祉法人を取り巻く環境は大きく変わりました。 介護事業の運営母体が様々分かれている中で、社会福祉法人を見る目やその役割が変容しつつあります。 弊社では、職員研修による運営体制の充実化や経営分析による経営課題と解決策の抽出などを実施してきました。

  • 社会福祉法人会計
  • 制度改正対応
  • クラウドシステム導入
  • 会計業務体制構築
  • 職員研修

社会福祉法人会計

会計規則に準拠したシステムが伺書・予算の作成をサポートします。
部門別会計のための按分処理や予算対比での実績検討が求められる社会福祉法人会計に対応しています。
財務諸表等入力シートの入力支援もいたします。

制度改正対応

毎年の改正点を施行前にご案内いたします。
改正内容のご案内だけでなくひな型のご提案まで一連の必要手続をお伝えいたします。

クラウドシステム導入

仕訳入力を各部門で同時入力可能に。時間短縮に繋げます。
離れた場所で同じ仕訳を確認、経理業務の手間を省きます。
数値が自動挿入される独自資料も作成できます。

会計業務体制構築

月次巡回監査を通して業務品質の向上を支援します。
月次巡回監査報告書の作成により注意が必要な経理処理を毎月確認します。また、「専門家等の支援」に対応する書類として備え付け、指導監査に対応します。

職員研修

法人全体の組織としての成熟度を分析。事例別に対応した研修を行います。
法人規模が大きくなると、経営陣の思った通りに物事が進まなくなることが多々あります。
弊社では①テストによる組織分析②研修実施③管理体制の構築という流れに沿って研修を行います。

お問い合わせフォーム